毛穴は部位によって特徴あり、年齢によっても違う

全身の中で毛穴が気になる部位といったら、やっぱり顔ですよね。
その理由は、外見上目立ちやすいというだけじゃなくて、顔や頭皮は皮脂腺の数が最も多いためなんです。
皮脂腺の数が多いと皮脂の分泌量も多いから、毛穴が開いたり詰まったりしやすいということになります。
顔の中でも鼻の皮脂量が一番多いため、すぐにテカリやべたつきを感じやすいですよね。

他には鼻と一緒にTゾーンと呼ばれる額、そして、鼻の脇などです。
顎から首筋にかけて毛穴やニキビに悩む女性もいますよね。
これはホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増え、その部分の皮脂が過剰に分泌されているためのようです。
一方で、額は皮脂の分泌量はそれほど多くないのに、毛穴が目立ちやすい部位です。
これは肌の老化や乾燥によって弾力が失われて、肌が緩んで大きく開いたたるみ毛穴が存在するからのようです。

また顔以外ではデコルテや背中に皮脂腺が多く集まっています。
何故か毛穴の悩みとして実感される事は少ないのですが、この部位にニキビができる人が珍しくないのはそのためのようです。

年齢によっても毛穴のタイプは違います。
肌の大きな悩みとして毛穴の目立ちは実に幅広い年齢層で挙げられます。
ところが、世代によって毛穴の症状が違うことがほとんどなんですね。
例えば、10代後半から20代前半までは皮脂がたくさん分泌されやすい時期です。

過剰な皮脂によって、毛穴が詰まりやすい傾向があります。
そのため、既存の毛穴が開く、ポツポツ膨らむ、黒ずむといった症状が多いようです。
一方、20代後半から30代にかけての肌は皮脂の分泌量が少ないもの。
毛穴に角栓が詰まることが多くないですが、老化によって肌の弾力が低下したり、メラニンが増えたりします。

すると、頬の毛穴がたるんで開く、メラニンによって黒ずむといった悩みが増えてしまいます。
40代から50代にかけてはますます肌が老化していきます。
さらに、更年期症状が出る世代。閉経に向けて女性ホルモンが減り、皮脂分泌を促す男性ホルモンが相対的に優位になりがちです。
その場合、過剰な皮脂と肌の老化が絡んだ複雑な症状が現れやすいですね。

私は40代で毛穴の黒ずみが目立ってきましたので、最近は毛穴のケアに気を使っています。
敏感肌ということもあって肌に負担をかけたくないので、何か良いクレンジングがないか探していたら、顔にスプレーするだけ毛穴汚れを落とすクレンジングをネットで見つけました。
スプレーするだけなら肌に優しいので、いつものクレンジング後に使っています。

毛穴よごれを簡単にケアするスプレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です